エンジニアRPOは応募対応や面接の委託も可能

エンジニアRPOは応募対応や面接の委託も可能

エンジニアRPOは、採用戦略の立案・エンジニアのスカウト・求人媒体の運用など幅広い業務を依頼できますが、エンジニアに特化したRPOでは、応募者からの問い合わせの対応はもちろん面接の日時および面談場所の調整、合否連絡など一括で委託可能です。業務の中には手間や時間が多く必要なものもあるので、手間や時間がかかるような業務を委託すれば他の活動に使える時間を確保できます。応募対応や面談なども代行に委託ができるのでその間の時間を本業に費やせるメリットもあります、代行会社の中には面談の同席やアドバイスを行っているところもあることから、面接官のスキルアップにも使えます。 内定後には、内定者のフォローとして必要書類の送付やメールもしくは電話連絡、入社前の研修の案内など幅広い業務もいらいできます。ちなみに、コミュニケーションが不足していると内定を受け取った側も不安になり辞退するケースも考えられますので、エンジニア採用代行を効率的に活用して内定者のフォローもしっかり行いましょう。

エンジニアRPOの内定者フォローサービスが便利

エンジニアRPOでは優秀な人材を確保したい企業とIT業界へ転職や就職をしたい人材をマッチングしてくれるサービスですが、求人広告の掲載やそれに相応しい人物の紹介、エントリーから面接、採用までのサポートをしてくれます。一方、エンジニアRPOの中にはそれらに留まらず、内定者フォローサービスを提供しているケースが増えています。採用が決まれば入社式や研修などの案内が送付されますが、それらの作業を代行してくれます。また、複数の企業の応募をして合格した内定者は1社に絞ることが必要ですが、どの企業を選ぶのかをヒヤリングし、辞退をする企業にはいち早く伝えて次の人材確保を迅速に行えるよう促します。豊富な人材が登録していることから再び求人広告で募り、エントリーがあれば面接や試験を実施します。これらサービスを利用すれば面倒な手続きや書類の送付、連絡などの業務を任せることができ、自社はコア業務の遂行や優秀な人材を確保に集中することができます。

エンジニアRPOを利用するに関する情報サイト
エンジニアRPOに関するよくある疑問

このサイトでは、求人の募集から書類選考、そして面接や潜行および採用まで優秀な人材を惹き付けたい雇用したい中小企業の採用担当者に向けた良くある疑問を解決する方法をご紹介しています。ここでは、エンジニアRPOは応募対応から面接の委託もできること、採用代行に注目が集まっている背景などに疑問に感じている内容を分かりやすく解説します。人材不足で悩んでいる、採用が上手くできないなどこのような人に最適な内容です。

Search